大阪で弁護士に仕事を依頼するには

大阪にある弁護士会にはおよそ4000人が所属しています。これは東京の16000人に次ぐ人数です。東京と大阪の弁護士の人数を合わせると日本全体の半分以上になり、いかに大都市に集中しているかが分かります。弁護士会の会員にはそれぞれ得意分野があり、仕事を依頼する際にはまず各法律事務所で得意とする分野を確認するのが効果的な方法です。

自分が依頼したいと考える仕事の内容に合った法律事務所を見つけるためには、大阪弁護士会がホームページで提供している検索サービスを利用するのが最も簡単な方法です。同会のデータベースには会員が重点的に取り扱っている業務が登録されています。民事事件や刑事事件という大きな括りだけではなく、得意とする分野を詳細に調べることが可能です。例えば民事事件の場合には不動産関係、事故、消費者被害、家庭問題などに分類されます。

さらに家庭問題であれば離婚と親権の問題や遺言、相続。高齢者や障害者の財産管理、介護、成年後見など様々ものが存在します。また刑事事件の場合には一般的な刑事弁護だけではなく脱税などの経済事件、少年事件、犯罪被害者の支援など多岐にわたります。その他にも環境問題や知的財産権など細かな得意分野を容易に調べることができ、自分が求める法律事務所を見つけることができるのです。

検索サービスの他にも府内で総合法律相談センターなど全部で6つの相談センターを運営しており、法律相談や弁護士の紹介を行っています。紹介を受ける場合の手数料は無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*