コピー機のリース会社で迷ってはいませんか

コピー機はリースとレンタルのどちらがお得か

コピー機は購入する以外にもリースやレンタルで利用することができます。ですが、この二つには違いがあり、それぞれメリットとデメリットを持つため、内容を理解せずに利用すると損をする可能性もあります。リース契約は、利用者の代わりにリース会社がコピー機を購入して貸与し、月々の利用料を支払って使用するというものです。コピー機はメーカーや機種を自由に選ぶことが可能で、新品を使うことができますし、高額なコピー機を初期費用をかけずに使用できるようになります。

しかしその性質上5~6年の契約期間は中途解約はできず、もし解約できても契約満了時の金額を支払うことになります。一方のレンタルはレンタル会社が持つ中古品を借りるもので、基本的には旧型ですし要望通りのものを借りられるとは限りませんが、数日などの短期間でも利用でき中途解約も可能なのでスポット的な利用に便利です。リースはレンタルよりも月額利用料やカウンター保守料金が安く、新品なので耐久性があり最新機能を持ったものも導入できるため、長期間の利用を想定しているならお得と言えます。何かと物入りな開業初期に初期費用をかけずに導入できれば、他に資金を回すことができるというメリットもあります。

しかし、途中で事業規模や内容が変わって不要になったり性能が足りなくなったりしてもリース契約では簡単には手放すことができないため、事業の将来性などを考えてどんなコピー機を導入すべきか検討し、なるべく失敗がないようにすることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です