コピー機のリース会社で迷ってはいませんか

コピー機をリースにするか購入するかで迷ったら

コピー機はリースすることが一般的ですが、購入することも可能です。そのため、どちらが自社にとって良いか、メリットとデメリットを知っておくとよいでしょう。まずコピー機をリースすると、新機種を毎月の利用料金を支払うことで、大きな負担がなく使用することができます。また、保守契約を同時に結ぶケースが多いため、万が一トラブルが起きてもスピーディーに対応してもらえます。

利用料金は全額当期の経費として落とすことができ、経理処理も複雑ではありません。対してデメリットは、解約ができないので長期的な使用が原則となります。契約期間は5年程度が一般的なので、その期間、一定金額を毎月支払う必要が出てきますし、中途で契約を解除する場合は違約金を支払う必要があります。また、コピー機のリースには審査があり、契約できないこともあります。

コピー機をリースするのではなく購入するメリットの一つは、機器類を欲しいと思ったときにすぐに手に入れることができる点です。資金さえあれば、審査などの手続きを踏むことなく使用が可能で、自社の資産となるため、契約期間が過ぎたからといって返却する必要はありません。トータルコストで言うと、現金で購入したほうが安くつく場合が多い面も利点と言えるでしょう。デメリットは、最近のものは高機能で価格が高いものが多いため、購入に際してまとまった資金が必要となる点です。

また、減価償却や固定審査税を支払うなど管理面での負担が増しますし、保守や保険などは別に契約する必要も出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です