コピー機のリース会社で迷ってはいませんか

コピー機のリース・レンタル・購入の特徴について

オフィスの必需品にコピー機がありますが、導入方法にはリース・レンタル・購入の3つがあります。リースというのは、初期費用がかからず、そのかわり一定額を利用料として支払っていくものです。レンタル料と比較して違いがあるのは、リース料率をもとに費用を算出していることです。コピー機は5~6年ぐらいで契約することが多いですが、料率の値は年数が短ければ高く、長ければ低くなります。

つまり5年で契約するより10年の方が毎月の支払いが安くて済むということです。さらには契約がリース会社と販売代理店との三者間で行われるので、コピー機の所有権はリース会社にあります。そのため経費として処理することができ、面倒な減価償却の計算や固定資産税の支払いをしなくて済みます。レンタルというのは、比較的短期で借りるケースが多いです。

月・週・日単位といったところで、利用料は割高といえます。販売代理店との二者間の契約になり、経理として計上されます。購入した場合は、所有権は購入した会社にあり、コピー機は資産になるので売却や譲渡も可能です。帳簿上はそのまま経費として計上は出来ず、減価償却が必要となります。

以上3つの方法がありますが、それぞれの特徴を理解した上でどれにするか選択するのがおすすめです。特に利用期間によって、どの方法がいいかはわかりやすいので、契約内容も含めて比較検討してみましょう。初期費用と支払いの総額を比べてみると把握しやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です