コピー機のリース会社で迷ってはいませんか

コピー機リース契約満了時の選択

一般的にコピー機をリース契約した場合には、5年から6年の期間で満了を迎えることになるでしょう。満了時を迎えた場合どのような選択をすれば良いのか分からないという人は多いものです。コピー機の契約が満了を迎えた際には、コピー機を返却するのか、もしくは再リリースするのかのどちらかを選ぶことになるでしょう。もう一つの選択肢として買い取るという方法もありますが、こちらはあまり良いとは言えません。

一般的に期間を5年としてリースしたコピー機の場合には、5年の満期を迎えた場合には、通常であればサービス会社に返却することになるでしょう。しかし一ヶ月分の料金を支払うことで、あと1年間使用できるケースもあります。契約に基づき最初の期間の満了後も継続することを指し、一般的には1年契約で年額料金の12分の1程度の料金を支払う事が、契約に盛り込まれていることがほとんどです。なぜコピー機の再リース契約がこんなにも低額に設定できるのかと言うと、それは最初の5年間の料金で十分に補填されているからです。

そのためその後一ヶ月分の料金で1年間貸し出すことになったとしても、誰も損をするわけではないのです。再び契約する期間は1年以内が一般的であり、その料金も少額であることが一般的なので、契約時から借り手が再リースを行う意思が明らかな場合を除いては、原則最初の費用として処理することとされているのです。しかし絶対にお得かといえばそうとは言い切れない為、しっかりと考えた上で判断するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です