コピー機のリース会社で迷ってはいませんか

コピー機リースの特徴を把握しよう

仕事でコピー機を導入することになった場合には、購入やリース、レンタルなどの方法の中から選ぶことになるでしょう。その中でも多くの会社が利用しているものが、コピー機のリースです。多くの企業がコピー機のリースを利用しているとはいえ、自分の企業にそれが合うかどうかは分からないので、その特徴を把握した上で利用する必要があります。コピー機のリースはあまり一般的には知られているものではないかもしれませんが、サービスを提供する会社と契約することにより、そのサービスを受けられるということです。

契約には期間が定められていて、一つの目安として5年から6年が一般的です。場合によっては2年以下の短期契約が用意されているところもあるでしょう。このようなことから用途に応じて、自分の企業に見合った契約期間を選ぶことが重要です。最新機器に乗り換えるなどの理由で途中で契約を組み直せるところもあるので、必ず同じ機器を契約中に使い続けなければならないというわけではありません。

コピー機を使っているとシステムエラーや紙詰まりなどを起こすことがありますが、契約には補修や修理のサービスが盛り込まれていたり、オプションとして用意されているため、これを利用すれば代行してもらうことができるでしょう。売買契約ではないので契約者が月々の利用料を支払うことになりますが、長く使えば使うほど割安となります。導入やセットアップの際に一時的にコストが発生するケースもあるため、トータル的なコストで考えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です