コピー機のリース会社で迷ってはいませんか

コピー機のリース契約には様々なタイプがある

一般的なコピー機の導入方法は、中古の一括購入の他にレンタル、リースといった方法があります。その中でもこの契約とは借り主であるユーザーが希望するコピー機を、リース会社が購入してユーザーに貸し出しをするサービスとなっており、契約期間中は機会の所有者であるリース会社への毎月の支払うことで、最新機器も格安料金でお得に利用することができるメリットを持っています。このサービスのイメージとしては、ローンを組んで購入することと同じでありコピー機を利用しつつ、借りたお金を返していくと考えるとわかりやすいです。リースには大きく分けてファイナンスタイプとオペレーティングタイプの2種類があり、前者はリース料金の総額がオペレーティングタイプに比べて高く、中途解約が出来ず契約期間が長いといった特徴を持っています。

そしてこのタイプには契約期間が終了すると会社に機器を返却する必要があるタイプと、契約期間が満了すると所有権が会社からユーザーに移るタイプに別れます。後者は契約期間が満了となるとユーザーは会社に機器を返却する必要があり、料金の総額がファイナンスタイプに比べて安く、中途解約が可能、契約期間を柔軟に設定することが出来て比較的短期の契約も可能という特徴です。メリットが多いとされるオペレーティングタイプですが、取引できる機器は限定されていることが多く大半は契約期間満了後でも中古市場で一定の勝ちで販売可能な危機に限定されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です