コピー機のリース会社で迷ってはいませんか

コピー機をリースする際の注意点

新たにコピー機をリースする際には、いくつかの注意点があります。まず最初に知っておきたいのは、コピー機のリースにかかる費用は本体価格だけではないということです。本体価格をかなり値下げして、その値段で契約までこぎつけようとする営業の仕方もありますので、それにつられて決めてしまうケースも多々あります。しかし、本体価格を思い切って値下げしている場合には保守契約にかかる費用を高く設定していることがあるため、最終的にはそれほど安くならなかったり、かえって高くなる可能性もあります。

ですから、契約内容はしっかりとチェックして、トータルコストを考えることが大切です。契約をする時には、毎月のコストを数字で提示してくれるはずです。その内容を見れば毎月の料金を把握できますが、リース会社によっては本体価格の料金のみの見積もりを提示してくることもあるので気をつけましょう。契約後にはメンテナンスいかかる追加料金が請求され、そこではじめて本当のランニングコストを知ることになります。

コピー機をリースするのなら保守契約に関するチェックは必ず行い、追加料金をとられて結果的に割高になるようなことが起こらないように注意すべきです。無事に借りることができたら、それで終わりではありません。使っていくうちに思わぬトラブルに見舞われて、修理が必要になることも少なくありません。ですから、アフターサービスに対応していることはとても重要です。

コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です