コピー機のリース会社で迷ってはいませんか

購入よりはるかに初期導入費を抑えるコピー機のリース

家庭用とは異なり企業で購入を検討するコピー機の価格は、新品なら50万円から150万円くらいが相場です。導入費用に圧迫をされがちですから、多くの企業がリースでの契約を選んでいます。はじめから購入を選んだ場合、ランニングコストがかなり掛かるのは避けられません。新品で購入をして納品された初期段階では、毎日快適に使えるので全く問題はないです。

しかし購入はその会社でいつまでも使い続けることになる導入手段もであるため、やがてあらゆるランニングコストがかかってきます。使うほどに減っていく消耗品のトナー代金やコピー用紙の費用、加えて年数が経過するほど頻繁になる故障時の修理費用です。所有権自体は会社にありますので、何かトラブルが発生をした際、毎回全て対応をするのも支払いも企業が行うことになります。初期費用だけでも高額で痛手ですが、長く使い続けることを考えると、費用面だけではなく何かと非効率です。

手間とお金がかなり掛かることを考えると、コピー機はリースで契約をした方が賢いことに気が付きます。買取とは異なりコピー機をリース契約した場合、グッと低く抑えることができるのが初期の導入費用です。多彩な機能搭載の最新機器なら、100万円を軽く超えることもある購入とは違い、大きな資金をいっぺんに失うことにはなりません。月々のランニングコストも抑えることができますし、カウンター保守契約料は加わりますが、サポートが手厚く受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です