Wifi接続と回線接続それぞれのメリット

以前インターネットの利用は必ずパソコンからアクセスする必要があり、なおかつLANケーブルなどの回線で接続することが常識でした。

しかし現代社会は回線だけがインターネットアクセスの方法ではありません。Wifiの登場によって物理的な回線がなくてもインターネットにアクセスが可能となったのです。では有線での回線接続とWifiによる無線の接続がどう異なるのかを把握しておきましょう。まず設置性は圧倒的にWifi無線が楽です。電波さえ通じる場所であればどこでもインターネットにアクセス可能です。

有線の場合は接続回線がなければインターネットに繋げることはできません。特に現代のようなスマートフォン、タブレットが常識となった社会では、Wifiのほうが圧倒的に便利と感じられることのほうが多いでしょう。ではWifiが全てにおいて有線の接続に勝っているのかというと、そうではありません。データの転送速度はやはり有線での接続のほうが安定しています。

無線の場合は最大でも1300Mbpsまでしか通信速度が出せませんが、有線接続であれば最大値10Gbpsまで速度を出すことが可能です。データの通信量や速度を第一に考えるのであれば、有線での利用がおすすめです。実際のところはユーザーがいつ、どこで、どのように使いたいかによって使用する道具を変化させるのがベストな方法といえます。近年はほとんどの電子製品が無線対応されています。有線接続がマイナーになる日がいつかやってくるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *