Wifiは工事不要で利便性が高まります

アイフォンや各種スマートフォン、ipadのWifiプラス3Gモデルには3G接続とWifi接続という、二つの通信機能が搭載されています。

3G接続は携帯電話回線網を使用し、いつでもどこでもインターネットに接続できます。けれども低速なため大きなデータのやり取りには向かず、通信料金が必要です。一方各種携帯情報端末にWifi機能が搭載されているのは、3G接続よりこの機能のほうが高速で、インターネットを快適に利用できるようになるからです。

この接続ならば家庭内では通信料金も不要になります。ちなみにWifiというのは業界団体により無線LAN機器間の相互接続性が認証されたことを示している、ブランド名になります。厳密にはWifiイコール無線LANではありませんが、ロゴや名称がつかわれている機器は無線LAN対応機器ですので、同じ意味でつかわれることが多くなっています。有線LANは従来よりインターネット接続に使われている方法で、モデムまたは回線終端装置とパソコンなどの機器をLANケーブルで接続します。

無線LANは、ワイヤレスランと呼んでいてケーブルではなく親機を用意し子機と親機の間を、電波で接続しています。ですから工事不要です。各種携帯情報端末は、子機の機能を内蔵していますので家庭でも外出先でも親機があれば、工事不要で無線LANを利用できます。この機能を使用すると、各端末の利便性は工事不要で一段と高まってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *