光回線を導入できない人がWifiを使う方法

最近は賃貸のアパートやマンションにも光回線が導入されている建物が増えました。

しかし、光回線が導入されていないアパートに住んでい場合が自分でインターネットを契約しなくては、Wifiを使うことはできません。しかし、賃貸のアパートだと光回線を導入するには、管理会社や大家さんの許可が必要です。断られてしまったらどうすることもできないし、許可を申請するのも面倒ですよね。そういう場合には、ホームルーターやモバイルルーターなどの、回線工事が必要ないインターネットサービスを導入するのがおすすめです。

ホームルーターやモバイルルーターは電波で通信をするので、工事不要ですぐにWifiが利用ができます。工事不要なのでもちろん許可を取る必要もありません。加えて、ホームルーターやモバイルルーターは、契約して端末を手に入れたその日に使えるメリットがあります。また、引っ越しが多い人でも利用しやすいメリットもあります。引っ越しをしても再び工事をする必要もなく、引っ越したその日からWifiを使えるのは大きなメリットでしょう。

ホームルーターはコンセントに接続しながら使います。外見も大きく持ち運びすることはできませんが、その分高性能は能力を持ってます。固定回線の代わりとしてはピッタリのサービスです。モバイルルーターは小さいデザインで、バッテリーが内蔵されているので持ち運びしながら使うこともできます。通信性能ではホームルーターに及びませんが、電波受信が良ければ高画質動画だって視聴可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *